440のどっか遠くへ行きたい

メッセンジャーである440MATUDOの日頃は省略している話を具体的に紹介する記録

マツドがfestiv500を勝手に企画して走ってみたら

f:id:matudo440:20181222213610j:plain



どうもメッセンジャーが生業のmatudoです。

f:id:matudo440:20181222204627j:plain

12月9日シクロクロス全日本選手権で29位(初完走)してきましたマツドです。
近年ライフワークで江戸五街道の中でも旧道を使って宿場町を自転車で走り繋ぎ、数百キロを通して文化構造や成立ちの違いを楽しんでいます。

f:id:matudo440:20181222204829j:plain

と、これは主に春と夏を中心に活動していますが、たまたまのたまたまで師も走る忙しさの年末に翌3月のイベント視察で大阪に足を向けることになったのと、毎年恒例になってきたRapha×STRAVAが企画する #festiv500 のタイミングが丁度いいこともあり

 

東海道を使って一発で「festiv500」と「キャノンボール」のダブルチャレンジをしてしまおうと画策しました。

f:id:matudo440:20181222205040j:plain



 

・ #festiv500 とは

最前にも書いた通りRaphaが、冬の動きが鈍くなるこの時期に、「8日以内に500km走破せよ」の課題に自分でスケジュールを組み短期間で長距離の目標を達成させようと仕掛けており、それをSTRAVAのアプリケーション内で見合い競うことの出来る、近年一番面白いソーシャルゲームだ!!

f:id:matudo440:20181222205457j:plain

※達成記念にワッペンが貰えるのだがワッペンフリーカーとしては黙っていられない!

キャノンボールとは

f:id:matudo440:20181222205640p:plain



これは遡ること1981年作の映画キャノンボールから名前は借用された模様、由来は分からないが内容としては、「大阪-東京間(その逆も含め)を自転車で24時間以内に走る」というのが主題です。これには数々の挑戦者が当たって砕けた資料が沢山残っているので、それを拝借し自転車が走れるルートを辿りゴールを目指したいと思います。

 

★スタートとゴールは?

これは二通り考えました。

・仮festiv500案

Rapha大阪からRapha東京の530km

・仮キャノンボール

梅田新道交差点の元標起点に東京日本橋の道路元標523km

ここはダブルチャレンジなのでタイムを計るキャノンボール案を達成後Rapha東京もありかなと考えてみたりしてみます。

f:id:matudo440:20181222205814p:plain


 

★530kmは走り切れるのか!?

これは簡単です。GPSバイスに事前に引いたルートを取り込んでおけば、ほぼミスルートなく辿りつけます。ライフワークの旧道と宿場町本陣探索より遥かにペースが速いです。今回は伊賀越えです。キャノンボールの真のルールはコースを外れないのと信号を守るだそうです!

f:id:matudo440:20181222210301p:plain

★そもそも24時間走れるのか?

f:id:matudo440:20181222210637j:plain

不眠不休で刺激がなければ写真のように力尽きます。ですが、ブラックブラックで解決です!昨年THE JAPANEASE ODYSSEYで落合氏と展開した「いろは越えの所業」と「熊野古鹿の子元気な小僧」で経験したミントガムで眠気を飛ばす技を習ったのでなさり続ける事が出来ると思う。

 

★なんでダブルチャレンジ??

f:id:matudo440:20181222211445j:plain

メッセンジャーって1日に100km走るんですよ。8日内に5日も走れば #festiv500 は終わってしまうんです。メッセンジャーにとっては500kmはほんのちょっとなんです、だから象徴的なゴールに至ったワケです。

あと近年盛り上がりがあるウルトラディスタンスやバイクパッキングイベントへ話題の繋ぎとして走ろうと思いました。

 

★ゴール出来るのか!?

f:id:matudo440:20180501204636j:plain
これはやってみないとわからないね、装備も最小限に留めてみたし脚の具合も仕上がってる状態が続いているし、ちなみに24時間走り終わった後の7時間後は普通に9時から繁忙期のメッセンジャー業務が始まります。

 

24日0時からスタートです。

予定ではRapha大阪で記念撮影してから梅田新道交差点でリアルスタートします!

みなさん時間ある方の応援お待ちしております!!

f:id:matudo440:20181222212026j:plain

 

ちなみに今回の装備は最小限の装備でとウェアですが、シクロクロス全日本に最高のスペックを発揮しているジャケット ビブショーツで昼夜をトライしてみます!夜中はさすがにウインタージャケットで凌ぎますけど。


今回は、2019年のトランスコンチネンタルレースを視野にいれたトレーニングの一環の位置づけていましたが、2段階エントリー中1段階中にうっかり募集期間を逃してしまいました。のでエントリー出来ませんでした。ですがどうにかエントリー出来ないか思考錯誤中!どうしても参加したいので誰かご協力をお待ちしています。

さてさて24日まで待ち遠しいですね。

 

f:id:matudo440:20180501204208j:plain

自転車は2000kmの旅にも気軽に持ち出せるVIVALO製PAL(ロードディスクブレーキ仕様)です。どんな使用環境でも制動能力を安定して実現する特別使用です。
※写真はジャパニーズオデッセイ旅中の一枚です

インスタグラムはこちらを確認してみてください。

www.instagram.com


ではでは
またね
チャオ
(´ε` )
 

 

 

旧甲州街道走ったら登山してしまった

近年のライフワークになっておりますが「江戸五街道トレース」ですが、東京は日本橋を起点として江戸時代に全国支配のため五つの街道を所轄の大名が普請させ、この道を現代では旧道と呼んでいて、現代の国道やバイパスを走らずなるべく旧街道を走り、さらに大名が泊まる宿場町の本陣を撮影して廻る。気が遠く壮大な個人イベントである。

 

・江戸五街道とは

東海道中山道日光街道奥州街道甲州街道の五つを指した陸上幹線道である。有名な東海道中山道を完走し、この勢いのまま甲州街道をと今回チャレンジしてみた。五街道中短い部類に入るコースだが、結果的に最難所であったことを先に述べておく。

 

・ルート作成から大きな問題が

ガーミンコネクトでコースを作成するが途中でリセットされてしまう事案に2日間も悩まされる。どうやらバージョンアップ毎に壊変されてしまっているようで、ロングコース作成時はこまめに保存し「編集」で追加していくパターンが良いようだ。

参考にしている旧道マップで「小仏峠」周辺がトレース出来ない状態で大きな謎のまま放置。これはのちにこのイベントの根幹を揺るがす事案に。

 

・今回走ろうと思ったキッカケ

200km以上を一気に走りたかった。

ダイエット目的。

坂の耐性を上げておきたかった。

あわよくばサントリー醸造場に…

普段から走ってる中央道の難所を自転車で走ってみたかった。

知り合いが旅に出て楽しんでたから。

 

・自転車スペック

ジャパニーズオデッセイにも使ったVIVALOのディスクロードを選択。

ホイールもボロボロだったカーボンホイールを補修キットで修正した物を採用。

近年のバイクパッキングのウルトラロング系で多く使われてるショートタイプTTバーも採用。

 

・バイクパッキング

今年から熱心に普及活動してるバイクパッキング。日本ではバイクパッキングを積載方法として紹介しているが、バイクパッキングとは自転車に荷物を積んで旅をする「行為」の方がポピュラーなので、是非に浸透させたいと思う。

 

 

5時30分起床。

日本橋へ移動。

f:id:matudo440:20181123211504j:image

日本橋の道路元標に立つと気合いが入りますね。今回はLAKEのニューシューズでしたので試着無しに使うのでドキドキです。

 

スタート直後にボトル忘れたことに気付いていつも飲んでる麦茶投入

f:id:matudo440:20181123212033j:image

チャレンジのストラーダを再利用です。パンクしないか不安です。ロードペダルが久しぶりで不安です。全体的に重いです。

 

今回は本陣を巡らず通過です。

f:id:matudo440:20181123212356j:image

が、日野宿本陣跡は建物も現存してたので立ち止まって見てたら管理の方から東京に唯一現存する本陣だと説明されました。

 

順調に歩みを進めていたんですが、ここでルート作成時に出てた問題が判明。小仏峠に繋がらないルートはどうやら登山道だったようだ。初志貫徹としてたので、旧街道を走る事に迷いはありませんでした。

 

いざ走る…。いや登山開始!!

f:id:matudo440:20181123212804j:image

新品のロードシューズをボロボロにするのは耐え難かったので、輪行用に持ってきてたナイキのワッフルレーサーで登山開始。

f:id:matudo440:20181123213020j:image

まぁまぁ滑りましたが自転車が助けてくれました。すれ違う登山客に漏れなく驚かれました。

f:id:matudo440:20181123213408j:image

道が狭い!人同士がすれ違うのやっと。。。

f:id:matudo440:20181123213208j:image

おそらく後にも先にも小仏峠山頂で自転車と一緒に明治天皇御在所で撮影することは稀だろう。登山辛かったです。トレーニングと言えば聞こえが良いけど、なるべく自転車に乗っていたいですね。

 

中央道でよく聞く難所といえば小仏トンネルと笹子トンネル。前者は峠という名の登山道でしたので、笹子峠は…。

f:id:matudo440:20181123214254j:image

峠の頂上もトンネルでした。昭和初期まで使われ、今ではひっそりと趣味者を見守る隧道でした。凛々しさと風格が良いですね。

道中「矢立の杉」の景色も素晴らしいかった。

自転車で走る方には是非笹子トンネルではなく笹子峠を走ってもらいたいね。

 

f:id:matudo440:20181123214645j:image

何度も心が折れそうになって日が暮れてからは気温2度で凍えるような寒さとの闘いでしたがゴールです。

f:id:matudo440:20181123215011j:image

214km3000mアップ

楽しいコースプロフィールで、またチャレンジしたいですね。

 

f:id:matudo440:20181123215134j:image

帰りはあずさでビューンっす。

 

ではでは

またね

チャオm(_ _)m

 

 

 

 

水分を摂るとは

ココシャネルが小麦色の日焼けブームの火付け役だそうですが、
ココサイキンは暑さを凌ぐのに必死になっています。

f:id:matudo440:20180721232413j:plain
夏の涼を体感しに千葉は館山や鴨川の方へ足を伸ばしてみませんかね!?
なかなか良いですよ。

さてさて、世間の話題としては熱中症対策の喧伝が大きく謳われていますが、日頃から外で働く人間は冷静に対策を講じてたりしてますね。
工事現場の方達が使っている旋風器付きジャケットは近代革命のそれだなと関心しました。
自転車配送の自分はフロントのチャックを開放するのがやっとの「涼対策」です。
夏の気温はヒートマップで発表したとおおり過去100年ほどで3℃上昇しているそうです。

toyokeizai.net

この一覧は見やすくて良いですね。使い勝手も良い。
東京の7月某日に大手町の歩道に数分止めておいた後のGARMINの気温計には
38.9℃の文字が表示されていた。

f:id:matudo440:20180721230839j:plain

この日の最高気温は35℃だったきがするが、直射だと簡単にこの温度まで跳ね上がってしまう。自転車のボトルケージに取り付けているボトルも同じ環境です。
氷から水へ完全解凍するのは、日々の観測の結果は最高気温予想が35℃の場合は9時に冷凍庫から取り出して街中を走っていると正午前に完全解凍されました。

f:id:matudo440:20180721175608j:plain毎日使っているのはキャメルバック ビッグチル 容量720mlです。
これを飲み干すと、比較的安価で買いやすい紙パック式の飲料水を買うようにしていますが、コンビニでパック麦茶は1000mlなので280mlを無理矢理飲むことになります。まあ気分的にも飲みたく無い時もあるので辛い時ありますよね。
なぜなら今はシングルボトル仕様でボトルケージをダブルに出来ない、理由としては恥ずかしい話ですが、シートチューブの方のネジ穴にネジを折ってしまい取り除こうとドリルでグリグリやってたら台座ごと取れてしまったという経緯があります。涼しかった事もあり、2ヶ月程シングルボトルでデリバリーをこなしていたが。。。
ココサイキンの酷暑で飲料容量が大きく増えた為、ダブルボトルへの改造かフレーム交換か悩んでいた所、googleのお節介機能がブラインドナットまで導いてくれました。

f:id:matudo440:20180721175723j:plain

現在多くのカーボンフレームなどは、多くの工場でブラインドナットで後付されています。ですので、シングルボトル仕様をダブルに、ダブルをトリプルに変更したい時は、下穴からブラインドナット取り付けを行います。
ボトルケージは2穴で基本構成されていますので、ナットサイズは既存の穴と同じ物を買う事をすいしょうします。

f:id:matudo440:20180721175533j:plain

早速近所のスーパービバホームに出向いて探しはじめますがネジコーナーかと思いましたが、リベットコーナーにあるので注意してください。

早速取り付け開始
今回買ったのは、ダジャレ的なネーミングの「ちょっとナッター」です。
ブラインドナットにアタッチメントを取り付けて

f:id:matudo440:20180721175549j:plain

下穴にはめ込みます。グラグラするので自分で維持しないといけないので、ちょっと大変です。

f:id:matudo440:20180721175553j:plain

理想の位置にマンドレルをセットしてヘックスで締め込み、ナットかしめ作業を進めます。カシメ板厚によってマンドレルの回転数が変動するので注意してください。
※例として2mm厚の場合は約3回転となります

f:id:matudo440:20180721175602j:plain

ハトメが締め終わったらマンドリル全体を引き抜いて完了です。
カーボンとはいえ、この程度の穴なら強度にかかわらないのでチャレンジするのも有りですが、プロショップにお願いするのほうがオススメです。

明日からはダブルボトルで快適な酷暑対策が出来るので楽しみです。
ではでは
またね
チャオ
(*´∀`*)

エビ ちょっとナッター HNC05R

エビ ちょっとナッター HNC05R

 

 

TRUSCO ハンドナッター

TRUSCO ハンドナッター

 

  

CAMELBAK(キャメルバック) ボトル ポディウムビッグチル 25OZ 52372 ピンク 18892053
 

 

CAMELBAK(キャメルバック) ボトル 保冷ボトル ポディウムチル レッド 21OZ 620ML 18892091

CAMELBAK(キャメルバック) ボトル 保冷ボトル ポディウムチル レッド 21OZ 620ML 18892091

 

 

 

 

 



 



ローバーミニとルーフキャリア

ROVER MINIのルーフキャリアといえば「モンテキャリア」全体を白で塗装しゼッケンを配置したのは有名です。

f:id:matudo440:20180627085112p:plain


ローバーのミニは絶版になってから
現在では、車体やルーフキャリアの個体数はは減少の一方です。
最近手に入れたキャブクーパーには是非新品のルーフキャリアが欲しいと思っていたところでした。調べてみて、驚いたことにローバーミニに合うキャリアがほとんど存在しないことでした。

f:id:matudo440:20180627085329j:plain


色々と調べた結果、似ている商品はあるがどうも長い(上記画像の下)なと思い実際に購入して組み上げたところ、ミニに取り付けているものは加工(上記画像上)していることがわかりましたので、これを安価に商品化したいと思い少量ずつ発信していこうと思いました。

440matudo.stores.jp
気に入ったら上記から購入してみてください。

 

ではでは
またね
チャォ!!

水泳を再開!

f:id:matudo440:20180623090207j:image

1年半ぶりに水泳を再開しました。

休んだキッカケは、耳に水が入り慢性化してたので断念しました。その後住環境の見直しを図り就寝時の耳栓を模索するようになり、耳栓への理解が深まってきました。

耳栓には大きくシリコンタイプとウレタンタイプの2種類に分かれています。

 

・シリコンタイプ

 

 



 

触感としてはプリプリしてて栓が何重にもなり物理的な侵入を防げそうな形状になっている、が硬いので長時間には向いてなさそう。

※防水

 

・ウレタンタイプ

 

 

簡単に言うとスポンジですね、指圧で潰しゆっくりと元の形状に戻るので、個々人の耳に合わせた形状に密着してくれ、dBごとにウレタン硬さの種類が分かれているので理想的な圧力を選べて、特に睡眠時などの長時間使用に適してました。

*非防水が多い

 

ということで、シリコンタイプの耳栓を購入し早速水泳に行ってきました。快適ですね。

これまでの悩みがなくなったので水泳がさらに楽しくなりました。本来なら耳に水が入らない努力?が必要なんですけど、それはまたの機会に!!

 

ではでは

またね

チャオ(*´Д`*)

 

 

坂ミシュラン

激坂中心地

f:id:matudo440:20180609234037j:plain

フォトbyカネコサン
東京都心。
 渋谷、赤坂、青山、市ヶ谷、四谷、麻布台、高輪台、白金台、青葉台目白台千駄ヶ谷
 ざっと羅列しましたが、これには東京都心の他にもう一つの共通ワードが入っています。それは谷や山や台の坂由来の文字が入っています。東京都心部は小さいながらも登りや降りの集合体であると考えていました。
 日頃、メッセンジャーで100kmほど走る事が多いのですが、獲得標高を見ると400m前後とぼちぼち登っていることがわかっていたので、合理的に獲得標高を稼げないかと考えていた所に「近場で午前中で走りたい」の要望がヒットしたので今回の企画をしました。

f:id:matudo440:20180609234413j:plain

 コースプロフィールはこんな感じでした。都心部の工程表を理解している人であればこのルートがどんな意味を記しているかわかると思いますが、これは要所以外は登り降りの少ない場所、登山やトレールで言うところの「尾根沿い」を使っています。

f:id:matudo440:20180609234404j:plain

 結果的には、56km程で540mも獲得標高を稼げました。
かなり収集率が高かったようです。普段の倍の効率です。ほぼほぼ激坂をダッシュで登るインターバルでしたので、太モモに疲労がしっかり溜まっていました。

f:id:matudo440:20180609233953j:plain

フォトbyカネコサン
良い坂道の入り口には注意を示すマークがだいたいあります。

f:id:matudo440:20180609234228j:plain

坂道は色んな種類があります。
ミシュランと名付けただけあって評価項目を考えてみた。

・初見の感動や驚き
初見は大切だと思います。これから登るぞと士気をあげることに直結します。

・斜度
坂を構成する主題です。自転車を乗る人たちは「ここは〇〇%だよね」と言いますが、これは100m前に進んだ時の上昇値のことを言います。
仮に100mで15m上昇する坂道のことを15%の坂と言います。

・登攀距離
通常は山岳地区へ行けば何kmといったのが普通ですが、都心部ではせいぜい100mぐらいですがモノによっては20mと短いものがあります。

・道の細さ
これは今回は楽しみの一つとしてジャッジメントにいれました。細い道にも楽しさ歴史が沢山あったりします。

・うねり
坂の性質上直登は少なく若干上にあがる程、うねりが発生します。このうねりがさらに斜度を上げていたりします。

f:id:matudo440:20180609234358j:plain

フォトbyシマサン

坂を紹介するのが初めてだったので、激坂中心地を伝えるには、分かりやすく説明するには分かりやすい坂を紹介するのが正解なので、TVやネットでも紹介されたことのある「のぞき坂」を紹介しました。

f:id:matudo440:20180609234241j:plain

路地を曲がった瞬間、開けた前方に待ち構える壁かと見紛う坂道。
最大傾斜は22%は都内有数の斜度を誇ります。
一同は揃って、少しの驚きと共に感嘆の声が漏れました。
それを見て今回の企画は成功したと思いました。
坂道を登り数を増やしていくにつれ、少しずつ東京の坂の面白さに引き込まれていったようでした。

f:id:matudo440:20180609234006j:plain

坂の下が見えないのは、それだけこの傾斜がキツイ証拠です。

f:id:matudo440:20180609234109j:plain

細い路地を使って次なる坂道へアプリーチします。

f:id:matudo440:20180609234141j:plain
ミシュラン番外編は東京九十九折を紹介。珍しい坂道を楽しんでみます。

f:id:matudo440:20180609234258j:plain

日が登り気温も上がってきたのでコーヒータイム!東京中心地なので簡単にお店を見つけられるので良いですね。

f:id:matudo440:20180609234316j:plain

ただひたすらに登るだけ、めいめいのペースで楽しみます。
江戸に来た時にその街一望したことから「江戸見坂」となったようで。メッセンジャーはなるべく避ける坂だったりします。

シクロクロスシーズン直前には、良い練習強度かもしれませんね!!
また新しい企画を考えようと思いますので、次回は是非参加してください。

さて最後に残念なのが、坂道って写真で撮っても良さや斜度を伝える事が出来ないんですよね、だからやっぱり実際に走りに行った方が良いと思うんですよね。

ではでは
またね
チャォ!

 

凹凸を楽しむ 東京坂道図鑑

凹凸を楽しむ 東京坂道図鑑

 

 

 

タモリのTOKYO坂道美学入門

タモリのTOKYO坂道美学入門

 

 

 

TOKYO坂道散歩なび: 坂と街のヒミツを楽しむ本! (KAWADE夢文庫)

TOKYO坂道散歩なび: 坂と街のヒミツを楽しむ本! (KAWADE夢文庫)

 

 

 

古地図で歩く江戸と東京の坂

古地図で歩く江戸と東京の坂

 

 









 

大阪出張かくかくしかじか

6月初旬!

この時期の遠出はなかなかないのですが、今シーズンは珍しく某メーカーのカタログ撮影に参加しました。

f:id:matudo440:20180604223527j:plain
このキャップが気に入っています。
SANTOWNのキャップ。。。欲しい。
KANEKO DELUXE tシャツ。。。再販予定になっています。

f:id:matudo440:20180604223731j:plain
毎年恒例の某メーカーのカタログ撮影です。
2011年からなので7年が経ちました。
毎回楽しいドラマが待っていました。

これまで各地で様々な切り口でシュートしてきたので紹介していこうと思います。

f:id:matudo440:20180604230649j:plain
ここは船の科学館前ですね。サンダンスFUJIチームのウェアをチャンピオンシステムで復元する力の入れようで挑んだ作品です。加速感を前面にだした一枚です。

f:id:matudo440:20180604230647j:plain

この一枚はなかなかタフでした。
撮影クルーで振り返る時はいつもこの一枚で盛り上がります。
この一枚を撮影するのに数時間を使いました。
この眩しいライトの量!車が密集するタイミングをひたすら待った一枚です。

f:id:matudo440:20180604230710j:plain

某渋谷区のスクランブル交差点です。
限りなく横断歩道の端の車道を走ることで背景の歩行者を多く撮影することに成功した。

f:id:matudo440:20180604230719j:plain
MOMOIRO BIKE WORKSの全面的な協力のもと左肩にカワイイキャラクタのジャージを着て都内有数の激坂を何十回も登った後の顔ですね。
ほんとキツかった笑

f:id:matudo440:20180604230724j:plain
最近は半蔵門エクスプレスでランニングしている皇居でシュート!!
この角度からの丸の内方面の景色って一番のお気に入りです。

f:id:matudo440:20180604230742j:plain
それまでの東京撮影から一転して、大阪をメインとしたシュートに転じていきます。
MTBに乗りなれていないのでソワソワしていましたが、これが切っ掛けでトレールにハマっていくわけです。

f:id:matudo440:20180604230752j:plain
3mを全速力で。。。
この一言に尽きます。

f:id:matudo440:20180604230739j:plain
記念すべき東京シュート1枚目です。
この頃は、シングルスピード全盛の頃ですね。
固定自転車、もしくはフィックス、トラックバイクと言ってましたね。

f:id:matudo440:20180604233549j:plain
さて、今回は大阪で撮影してきました。
ところで、最近はTシャツも作っているんです。
今回はバイクパッキングtシャツです。5円玉をモチーフとしたロングライドバイクパッキングをデザインしました。これはバックプリントでフロントは胸ポケットがある仕様になっています。ラフに着るには良いでしょうね。
オーダーお待ちしております。
ホワイトポケッタ:3500円

オーダーはメッセージからお待ちしています。

今回一番悔いが残るのは、帰りの新幹線の時間が少なかった為、関西名物551蓬莱の肉まんが買えなかったことです。


ではでは
またね
チャオ!