ラーメン好きとして.........

ラーメンが好きです

しょうゆ

味噌

どれもそれぞれの趣があって好きです

二郎系や家系、また中華系からアレンジ系

色々と楽しんで食べてます

食べてきた自負というか、友人に進められたら必ず行くようにしています

そのぐらい麺が好きです

なので、是非MATUDOにラーメン屋さんの情報をください

と、ここで最近きになったことが.....

とある、つけ麺屋にて肉の塊を食べている途中

後ろで他のお客さんが店員さんに注文してたのですが

そこは、ある程度太めの麺を採用しています、例えばですが

博多長浜を中心とする細麺は漁師の風土と成りが客と主の呼吸によって

細麺が生み出されさらに温かいスープから好みの硬さを注文事により麺の延びを楽しむようになり

一方、吉村家を起源とする家系は、その楽しみを注文時にカスタムする形で実践しはじめたのは

大きく名を広める事になった.....

うんぬんかんぬんあって

そもそも麺の硬さのオーダーシステムは

熱いスープがあってこそ

食べ始めの麺の硬さにより風味を楽しみ

徐々に柔らかくなり麺とスープの絡みを楽しみ

ラストは麺本来の硬さで締めくくることで成り立つもの

と、自分では理解しています

ところが、何を勘違いしたか

ある程度コシをだす前提で冷水で締めている

つけ麺ですが

つけ麺屋でです

つけ麺屋でですが

どういった事か、オーダー時にある客は「麺硬め」をオーダーするではないですか!?

麺の硬さは冷たい麺には道理が通じない気がするのは俺だけですか!?

正直、それはべきではないと思ってます店員さんもなにも意見する気にならなかったんですね.......

俺の知る限り、とみ田や六厘舍は気合を入れて麺の硬さを鋭くチェックして

「食べ頃」をみて提供していた記憶がある

いずれにせよつけ麺冷や盛りには麺の硬さのオーダーは、麺がちょっと固いゴムになるだけになって風味や他の楽しみは味わえないと思います。

そうではない!!!

という方是非そのお店を教えて下さい

行ってみたいと思います。

440MATUDO