美味い鶏塩ラーメン

出会いは…

その日は珍しく大酒を飲んだ帰り甘いものでも米類でもパンでもない何か!!が食べたく店に寄る

足元もフラッフラでカップラーメンをとコーナーを巡っていたら

燦然と黄金色に輝く物体があるではないですか!?

茨城人が好む金色!!

一昔前の調査によると、茨城県の県民性として

内向的な割には派手な物を所有する傾向にあり

特に金色が多いとか....本当かな!?

と、まぁ一番目を引いたそれを買って帰路につきました

さて、お湯を準備して眼下にある、その黄金色に輝くカップ麺は

ニュータッチ鶏塩ラーメン

photo:01

写真を見る通り

シンプルな構成ですというか潔いというのか

投げやりなのか!?本当に勝負しているのか!?

値段は220円くらいなきがしました

実食してみると

photo:02

スープの一口目は、ガラの風味と共にこっそりゆずの香りが見え隠れします

飲むと、奥から焦がしネギがバタバタと足音を立ててやってきます

思わず「旨い!!」と呑んでる身体には特に染み渡ります

photo:03

続いて麺を一口

お湯を注いで4分待つらしいのですが

持論の極みとしては、総じて規定時刻より40秒早く蓋を開けると理想の麺の硬さになるようです!!

この40秒論は「蓋をパリパリと開けて避けて、カップを持って麺を持ち上げてフーフーした後がだいたい40秒だから論になります(笑)」

麺の芯は程よく、わざとらしくないモチモチ感で一本あたりの麺の長さも20~25cmくらい、ノンフライだけあって麺の延びも遅く慌てず楽しめる!

そして、具材は鶏肉団子、斜めネギ、糸唐辛子!!

が程よく調和を保っている。

が、ここでビックリしたのが

これに最近は梅干しが入っているんです!

麺の合間に梅の酸味がしっかりとペースを作ってくれます

あぁなんでこんなに美味いんだ!!

食べ終わりのスープにご飯を入れたら

まさにデブまっしぐらです☆

決して贔屓はしてないです

ニュータッチを製造しているヤマダイ株式会社

が自分の出身の茨城だから

宣伝してるわけではないです(笑)

と、こんな感じで鶏塩ラーメンを5年くらい不定期で食べてるのですが

どうやら、今は五代目らしいです

あまりにシンプルなので何が変わったのかイマイチ分からなかったです(笑)

ちょっとしたラーメン屋に行くならコレを作って出してくれた方が美味いよって所が沢山ありますね!

皆さん是非食べてみて下さい!!

ではでは

またね

チャォ

440matudo