墨田区の弁天湯

検索をかけても当たり前のように現れない都内の銭湯情報

それに特段の悩みも無くすごしていたのだが

今回の事があって、これを投下しておこうと思う

それは、2014年2月である

あの大雪が降った2回目の時から始まった

その日、歩いて100mの所にあるいきつけの銭湯が閉まっていたのだ

定休日でもないのにどうして!?

と、よく反芻してみると納得いった

大雪で溶けきらないうちにまたの大雪

積雪も膨大な量になっており

昔ながら手法で沸かす湯が出来ないのだろう

すなわち薪の入手にクラッシュがしょうじているのだろう導きだされた

photo:01

毎週金曜日の日課でレース前等は入念に入る

程よく広い大欲場にドップリと浸かる思わず声が漏れる

「まさに至福」

聞いた所によるとお年寄りの方の贅沢はお風呂だそう

そんなことはない、30そこそこ俺もお風呂は贅沢だと思っている

カンタンな東京の銭湯儀式です

1.まず番頭さんに明るい声で挨拶

2.迷わず全裸にタオルは出入口にこっそり置く

3.カランとイスをピックし即座に全身を隈なく洗う

4.湯はぬるい方から挑戦していく

5.身体が温まってきたら冷水を浴び再びの繰り返し

6.常連になった風で

と、まぁ色々書きましたがタオルを湯に入れなければ問題ないと思います

さて、話は戻りますが大雪で薪の入手が困難になったまでは分かるんですが

1週間経っても2週間経っても再開しません

これは何か起きましたなと.......

色々考えたんですが明確な答えは分からず

その間も、大好きな銭湯は行きたいので色々廻って見た結果

どうやら....墨田区内の銭湯だけが「しばらく休業」をしているみたいです

謎は深まりますね、台東区の辯天湯もやってましたし中央区の数年前いきつけだった世界湯もやってました

なぜ墨田区だけ....

さて、そんなゴールデンウイークの前半悩ましい雨で洗濯物を乾燥しににいった所

しれっと看板に灯が入っていたのでした

「あっ!やってる」

再開の喜びもひとしおに至福の時を楽しみました

謎は深まります何故3ヶ月もの間閉まっていたのか...

さっきも入ってたんですが再開を喜んでるのは俺だけではないんですね

ニヤニヤしながら身体を洗ってる人

コレでもかってくらいパンパンな人

骨に皮をつけただけの人

しきりに回りを見て他の銭湯と比較してる人

イスを使わず蹲居する人

手持ちぶたさにしてて壁越しの彼女の一声を待ってる人

真剣に自分の顔を見てる人

必死に鏡を洗っている人

独り言に忙しい人

脚の毛が無い人...

真っ黒の人

真っ白の人

絵が書いてある人.....(笑)

たくさん色々な人がきます

外見色んな人が沢山きても

湯に浸かる時は一様に至福の顔です

フラットです

ここには秩序は何もありません

そんなだれもが各々の時間を自由に楽しめる場です

ずっと続いて欲しいです。

あっタオルは湯に入れると、どこからともなくオヤジから怒鳴り散らされます(笑)

これも空間を構成する一つなんですね。

近所の銭湯にたまには行ってみませんか!?

ではでは

またね

チャオ