440のどっか遠くへ行きたい

メッセンジャーである440MATUDOの日頃は省略している話を具体的に紹介する記録

クロノスのファンだったはなし

 ラジオを聞き始めたのは友人からFMチューナーを譲り受けた2011年1月でした。

f:id:matudo440:20190330114551j:plain



 仕事の関係でTOKYO FM(TFM)に通っていた時期があったので、なんとなくFM80.0MHzを聞き始めました。その2ヶ月後2011年3月11日に東日本大震災が発生し、その頃民放各局では何度も衝撃的映像の繰り返しばかりで、視覚刺激に少々参ってしまいました。ですが被災の最新情報は仕入れなければいけないので刺激軽減も兼ねて音声放送を選択してみました。その後、音声放送は聞きながら平行作業が可能であると気付き、何をするにもラジオを好んで聴くようになりました。

 

 作業に夢中になっていても内容は意外に覚えていたりしました。深夜0時を過ぎた頃にミスター・ロンリーが流れ、長い長い夜が始まったかと独り言ちて覚え始めの自転車メンテナンスに没頭しました。

 22時ギターチャイムで始まりラジオの中の学校として中高生の悩みを聴きつつ熱血に迸り任せたトークを面白がって聴きました。一緒に小説を読むのがライフワークでした。

 その番組の教頭が抜けて喪失感にもやもやしていた所、夕方17時〜ラジオの中の会社の本部長として帰ってきました。堅く分かり難い内容も、ユルく砕けた感じの軽妙なトークで家に帰るのが楽しみになってました。

 そして平日の朝は、決まったリズムで行動することが多い中。起床時間、朝食、バイクメンテ、各デバイス充電チェック毎朝のルーティン作業。
 ONタイマーでラジオが流れ、あのコーナーでポットに火を点けて、このコーナーが終わる前には着替えて、そのコーナーではトイレにいってパターン化すると楽なんですよね、頭使わなくて良いし、何より忘れ物し難く体の不調も分かりやすかった。

 

なんとなく毎日リズムとして聴いていたクロノスがこの春終わりました。

 

3月4日に終了を発表してから、約1ヶ月間ラジオ(クロノス)の自分の関わりを思い返しながら真剣に聴きました。終了に向けてメインパーソナリティ達が他の番組に出演しているのに気付いたら夢中になって各番組の動向を追いかけていました。番組パーソナリティーが他の番組に顔を出すのが好きらしく特にスカロケとクロストークは大好物で、パーソナリティーが自分の番組への想いが深く読み取れ、ディテールを理解することが出来ました。

 

クロノスが好きでした。ラジオを聴く楽しさを教えてくれてありがとう。

 

 後番組の発表が一切なかったけど??そんなことを呟いてみたりしてみたんですが、ひっそりとウィキペディアが開設されてました。
後番組はONE_MORNING!!

ja.wikipedia.org

 

4月1日からどんな内容になるのか!?どんなリズムが生まれるか楽しみです。