440のかくかくしかじか

メッセンジャーである440MATUDOの日頃は省略している話を具体的に紹介する記録

物を運ぶとは-その3

物を運ぶとは。。。

バイクパッキングがら転換してきた話題ですが、もう少し話を進めたいと思います。

ものを運ぶ職業は総じて時間に追われています。
特にメッセンジャーは1分1秒を争うこともたまにあります。
最近はスマートフォンが腕時計変わりになっていると言い古されていますが、自転車に乗っているときにスマートフォンを出す作業は効率が悪い(勘違いもされやすい)、のでサッと腕時計を見る、この場合は「腕時計を使う」ことにしている。

メッセンジャーを始めて10年ほど経つが使った時計は3つか4つだ。

f:id:matudo440:20180502202843j:plainウレタンベルトが自分の腕にはちょうどいい。
無理が効くし軽い、それでいて安い。
最初はなんでもよかった、時間が見れれば。

f:id:matudo440:20180502202853j:plain

-SUUNTO CORE-
ということで一番最初に買ったのはsuunto coreだった。
当時は軽登山もやっていたので、高機能時計が欲しかった。
重量は69gと類似スペックの中でも軽いほうでした。
この時計んぼ問題点は沢山あった。
まずベルトが切れやすい!6年で12回交換しました。新しい時計かえちゃいますよね。
次にボタン電池の交換が大変。専用の工具がないと外せない!何回も困りました。
そして、派手な外観なわり簡素な塗装。山や町中で寝転がったりして路面にベゼルをあてるとすぐ削れます。高機能と謳っていたが日常生活で使える機能はほとんどなかった。
といいつつもベルトの太さやボディの大きさなど見やすくていつも使ってました。

 

 

 

 

 

 

f:id:matudo440:20180502202859j:plain
-GARMIN ForeAthlete 235J-
ここ2年ほど使っている利用頻度の高い時計だ。
ランニングがフィールドワークとなってきたので、「1kmあたり何分」って会話についていきたかったので、数多あるランニングウォッチの中から、自転車ともゆかりのあるGARMINの時計を使うことにした。これはいわゆるスマートウォッチの機能も備えていて、メールやメッセンジャー内容どの簡易コメントが見れるので自転車に乗っている時に見ることができて重宝している。あと内蔵心拍計もあるので体調管理も測ることができるので楽しめる。スントのように無駄に高機能ではなく必要な機能がそれなりにあるので使い勝手は最高だ。
ただ、この時計の問題点は高価すぎるので使うのがもったいないなと感じている。

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:matudo440:20180502202906j:plain
-G-SHOCK/DW-5750E-1JF-
通称スティングモデルだ
1987年に登場したDW5700Cは当時は日本未発売モデルだったが、ポリスのスティングが着用していた事で爆発的な人気をさらったモデル。
その復刻盤!当時のモデルの配色まで忠実に再現している。あのシェイプオブマイハートです。今までに無い形なので今後人気が出てくること間違しで発売後すぐに完売したモデルです。
これは完全に趣味の時計ですが、無駄な機能を削いでいったらこの時計に行き着きました。じつにカッコいいデザインです。メッセンジャーG-SHOCKを使っているライダーが多い!!

 

[カシオ]CASIO 腕時計 G-SHOCK ジーショック DW-5750E-1JF メンズ

[カシオ]CASIO 腕時計 G-SHOCK ジーショック DW-5750E-1JF メンズ

 

 

 

[カシオ]CASIO 腕時計 G-SHOCK ジーショック DW-5750E-1BJF メンズ

[カシオ]CASIO 腕時計 G-SHOCK ジーショック DW-5750E-1BJF メンズ

 

 


f:id:matudo440:20180502202914j:plain

-スピードマスター・オートマチック-
名前に惚れ込んで買ってしまいました。
デリバリーには使い勝手悪いです。
直ぐ時間ずれるし、アナログなので「時間を読む」作業が追加になるしブレスは融通が利かないのいでブチ切れそうになるし、ランすると手に当たって痛いし。
こんな時計はミニクーパーに乗ってる時しか使えません。

書き始めはG-SHOCKが一番おススメだなと思い書いていましたが、実際の実用頻度はGARMINなんだなと思いました。
そんな今回の夢はGARMINとCASIO・G-SHOCKのコラボ時計が出来たら良いなと思います。イメージは出来上がっています。連絡お待ちしています(笑)

といえわけで時間を追いかける人が使う時計特集でした。

ではでは
またね
チャォ!