440のどっか遠くへ行きたい

メッセンジャーである440MATUDOの日頃は省略している話を具体的に紹介する記録

丹沢湖周辺でデイキャンプ&トレールライド

4月は半ば、外で遊ぶには気候の良い季節になりました。

f:id:matudo440:20180428104651j:plain
フォトbyシマサン

愛車のキャブクーパーと一緒に仕上げたばかりのMTBバイクを持って茨城県のトレイルに行っていきました。The Japanese Odysseyオフィシャルジャージを着てどの山を走るか談笑しています。この時期(20℃くらい)にはAPEX プロショートスリーブジャージ使い勝手良くて良いと思う。

f:id:matudo440:20180428104841j:plain

GONZO'S PERFORMANCE(ゴンゾーズパフォーマンス)のカーボンフレームを使用しており。全体的にブラックなパーツで統一してある。

f:id:matudo440:20180428104708j:plain

アッセンブルは最後の最後まで悩んでシマノXT/M8000シリーズで統一しました。

f:id:matudo440:20180428104702j:plain

更に悩んだのはフロントサスペンションでFOXROCKSHOXが、ほぼシェアを独占しているが、値段も少々高めで予算的に厳しいので、安いの噂を聞いていたSR SUNOTURを探してみた所、予算に見合う物が沢山あったのでAIONに決定しました。

f:id:matudo440:20180428104723j:plain

山へのアプローチ、フロントシングル34Tでリヤ46Tのだと回りすぎてフロントが浮いてしまいます。

f:id:matudo440:20180428104740j:plain
一本目直後ですね。この笑顔が楽しさを表してます。
トレールって楽しいですね。一人で行きたいと思ったりもしますが、何かあった時は危険なので数名で同行した方が良いようです。
※この後ブレーキホースからオイルが漏れてフェイドアウトしました。

f:id:matudo440:20180428104834j:plain
丹沢湖白石オートキャンプ場に行きました。オートキャンプ場はキャンプサイトの直ぐ横に車を止めてテントを張り、火も起こしたり出来る施設です。車好きには良い施設です。防犯対策にもなっていますしね。
今回はデイキャンプが目的でした。東京から下道で2時間程でした。
こちらの施設料はデイキャンプで1台2000円、宿泊で1台1泊6000円で価格も手頃です。

f:id:matudo440:20180428104941j:plain
キャンプ施設の直ぐ横には川があり水の音と鳥の鳴き声でのんびりとデイキャンプを楽しみました。

f:id:matudo440:20180428112426j:plain


買ったばかりのキャンプベンチも使い勝手良くて楽しめました。
今回はタープもテントも無く、勿論車で日帰りなのでビールも無かったので次回は泊まりで行ってみたいなと思いました。
バイクパッキングでロングライドして、ここにキャンプ泊する旅を企画したいと思いました。
そんなイメージが降ってきたので、一足先に「BIKE PACKING」Tシャツを作りましたので、これを買って気持ちを高めてみてください。

f:id:matudo440:20180428112842p:plain

「Bike Packing」
ボディカラー:白、黒、グレー
サイズ:S,M,L
fee:2500-
送料360-

※オーダーはメッセージやメールからどうぞ!

愛車の前後にバイクパッキング用のバッグを付けて、色んな山や森や悪路を抜けて坂も登ったり、夜はテント貼ってメシ食べてビールで寝落ち。
この夏を楽しもう!!
ではでは
またね
チャオ!